涙袋

注意!アイテープで涙袋、作れるけどお肌には悪いんです

投稿日:2017年8月25日 更新日:

涙袋がブームです。

二重を作り出すアイテープでも涙袋は作れるというのが話題です。
アイプチのような感覚ですね。

しかしながら二重用テープを使うとときは本来の正しい使い方ではありませんので、お肌トラブルなどが発生しても自己責任。
なぜアイテープで涙袋をつくるのが危険なのか、解説していきます。

アイテープで涙袋を作る方法


1:まず目の周りの脂をしっかりととります
お肌からでる脂によってテープがはがれないようにするためです。

2:アイテープをはります
涙袋を作りたい部分にテープをのせます。そして左右を引っ張りながら押し込むように持ち上げます。

3:完成
コツはテープが見えないように細くカットしておくことです。
アイプチ経験者の方はすぐに出来ると思います。
あとはメイクで少しなじませ、テープが見えないように調整します。

オススメできない理由1:お肌に悪い

お肌が弱い方は特にそうですが、顔にテープを貼るということはかぶれや湿疹ができやすくなります

また、目元の皮膚はとても薄くデリケート。
無理にテープを食い込ませるので、たるみやシワのリスクにもなります。

オススメできない理由2:とれやすく、バレやすい


一度貼ったら取れないという魔法のテープではありませんので、はがれます。
アイテープはとても細く、はがれやすいのがデメリット。

夏場は特に汗をかくのですぐにはがれてしまいます。

自分が気が付けばいいのですが、知らないうちにとれていて片目だけあれ?という状態になったり、周りの子に偽物の涙袋だということがばれてしまいます

取れる度につけ直していたら外出もできません。

このようにお肌のトラブルや取れやすいなどリスクを考えるとテープでの涙袋を作るということはあまりおすすめできません。
どうしてもという方は自己責任で一度お試しください。

みんなが次に読んでいる記事

  • この記事を書いた人

ミホ

一重まぶたに悩んだ経験から、目元美容の情報サイトを作りました。 二重整形についての情報を中心に「本当にタメになる情報サイト」を目指して運営しています。

-涙袋

Copyright© ヒトエとフタエの事情*ぱっちり二重にする方法から目元ケアまで応援します* , 2018 All Rights Reserved.