グラマラスライン形成(下眼瞼下制法)

優しげなたれ目にするならグラマラスライン形成!でか目効果で印象UPも。

投稿日:

目元の美容整形というと、シワ取りなどのエイジングケアや二重整形、目頭切開が有名ですよね。

あまり知られていないのですが、目元の印象を大きく変える美容整形としてグラマラスライン形成と呼ばれる施術があります。

ツリ目を優しげなたれ目にイメージチェンジするグラマラスライン形成。

どのような方法なのか
どんな人に効果があるのか
ダウンタイムはどのくらいなのか

気になる3点についてご紹介します!

グラマラスライン形成は下まぶたを下げて目を大きくたれ目にする施術

グラマラスライン形成は別名「下眼瞼下制法」とも呼ばれます。
下の目の瞼(まぶた)を下げる=目の大きさを下に広げる方法です。

一般的に黒目より外側のまぶたを広げるため、たれ目効果も見込めます。

  • ツリ目できつい印象を持たれがち
  • 人気の丸目・たぬき顔になりたい
  • 優しい癒し系に憧れる

そんな女性に人気の目元美容整形です。

グラマラスライン形成は二重整形のようなわかりやすい変化はありませんが、目の印象を意外と変える施術。
失敗せず理想の目元を叶えるために、しっかり情報収拾をしてから臨みましょう!

グラマラスライン形成の埋没ほうと切開法を比較!どちらが向いてる?

下まぶたの幅を広げるというと、かなり大掛かりな施術を想像されるかと思います。

実はグラマラスライン形成は、メスを使わずに糸だけでできる"埋没法"というプチ整形的な手法も存在。
しかし一般的なのはメスを使う"切開法"でのグラマラスライン形成です。

手軽な埋没法があるのに、なぜ切開法でのグラマラスライン形成が一般的なのでしょうか。
切る方法・切らない方法それぞれに、メリット・デメリットがあります。

2つの方法のメリット・デメリットを比較しました。

グラマラスライン形成のダウンタイムは埋没法が短い

切らないグラマラスライン形成の一番大きなメリットは、ダウンタイム(術後の傷・内出血等が治るまでの期間)が短いこと。
やはりメスで切らないだけあって、切る方法と比べて内出血と腫れが格段に抑えられます。
術後の抜糸がないので、通院も不要だから、忙しい人には嬉しいですよね!

切開法はメスで切るため腫れが長く続きます。
また抜糸があるため施術約1週間後に再度処置が必要です。

グラマラスライン形成のダウンタイム

  • 埋没法 3〜5日
  • 切開法 7〜10日

※個人差があります

ダウンタイム期間中は腫れや内出血があるため、整形バレしたくない方は会社や学校をおやすみするのが無難。
埋没法の場合翌日からアイメイクができますが、切開法の場合は抜糸が済んでからしかアイメイクができません。

ダウンタイムには個人差があるので一概には言えませんが、絶対にバレたくない!という方は少なくとも1週間のおやすみを確保しましょう!

グラマラスライン形成の値段は埋没法が安い

さらに切るグラマラスライン形成(切開法)より値段が抑えられるのも嬉しいメリットのひとつ。

グラマラスライン形成の料金一例

湘南美容クリニック
糸によるタッキング法(切らないたれ目術) 75,730円(税込)
皮膚切開法(切るたれ目術) 348,000円(税込)

聖心美容クリニック たれ目形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)
埋没法 216,000円(税込)
切開法 410,400円(税込)

このように、埋没法と切開法の料金は10万円以上の大きな差があります。
埋没法によるグラマラスライン形成は手軽な施術である分、料金を抑えることができるんですね。

効果の持続性は切開法が勝ち!埋没法だと元に戻る可能性も

ここまでの比較結果では、料金が安く・ダウンタイムが短い埋没法によるグラマラスライン形成が優勢です。

しかし切開法にも大きなメリットはあります。
それが効果の持続性。

切開法でのグラマラスライン形成は、半永久的に効果が持続します。
対して埋没法は糸で留めるだけなので、目をこすったりなどの刺激に弱く取れてしまう可能性があります。

値段が安くダウンタイムも短い埋没法も魅力的ですが、取れてしまう可能性が高いのは悩みますよね。

埋没法と切開法の差額相場は10〜20万円。
埋没法で何回もグラマラスライン形成をするよりは、切開法の1度でバシッと決める方が安いんです。

お財布とスケジュール事情の兼ね合いにはなりますが、個人的には切開法でのグラマラスライン形成がオススメです!

切開法のグラマラスライン形成が永久じゃなくて"半"永久の理由

お気付きの方もいるかと思いますが、切開法によるグラマラスライン形成の効果は"半"永久的。
わざわざ半永久的となっていると、何かウラがあるんじゃないかと気になりますよね。

効果が半永久的とされている理由は、歳をとって顔やお肌が変化した場合、どうなるかがわからないから。

人は誰でも、歳をとったら肌質が代わり、皮ふがたるんだりシワができたりと顔が変わってきます。
そのためグラマラスライン形成によりタレ目にした部分も、変化がある可能性があるんです。

しかし加齢に伴う変化は個人差があります。
どのように変化するかは肌質・日々の習慣など様々な要素が絡むから、予測はできません。

人によってはグラマラスラインを維持できますし、施術した部分に変化が起こる人も。
そのためグラマラスライン形成(切開法)の効果は"半永久的"とされています。

基本的に切開した部分が元に戻ることはありません。
しかしその形を歳をとっても死ぬまで維持できるかどうかは個人差があり、100%持続すると断言ができないんです。

聖心美容クリニックはグラマラスライン形成の手法を2種類から選べる

グラマラスライン形成は、切開法しか取り扱いのない美容外科も多くあります。

聖心美容クリニックでは埋没法と切開法の2種類のメニューを用意。
お財布やダウンタイムに休めるか、効果をどこまで求めるかであなたに合うメニューを選べます。

カウンセリングで相談してからメニューを決められるので、まだ迷っていても相談できるのが嬉しいですね。

より魅力的に見えて似合う下げ幅を細かくデザインしてくれるのもポイント。

カウンセリングは無料で、その場で契約しなくてもOKの気軽なものなので、ぜひ一度相談に行ってみてください!

みんなが次に読んでいる記事

  • この記事を書いた人

ミホ

一重まぶたに悩んだ経験から、目元美容の情報サイトを作りました。 二重整形についての情報を中心に「本当にタメになる情報サイト」を目指して運営しています。

-グラマラスライン形成(下眼瞼下制法)

Copyright© ヒトエとフタエの事情*ぱっちり二重にする方法から目元ケアまで応援します* , 2018 All Rights Reserved.