もっとキレイな目元になるコラム

一重でもパッチリ目になるアイメイク術!アイラインの引き方講座!

投稿日:2016年9月30日 更新日:

一重まぶただから、とアイラインを引かなくてもいい、もしくは引いても目立たない!と悩んでいる子って多いですよね。
実は、一重でもぱっちり二重メイクになれるようなアイラインの引き方もあるんです。
この引き方を覚えれば、パッチリ目が手に入ったも同然です♪

保存版!必見!一重のアイライン術

eyeline1

ポイントごとに一重さん向けのアイライン術をお伝えしていきますね。

  • 一重でもうまくアイラインを引くコツ
  • どういうラインを引いたらいいの?
  • せっかく引いても目をあけると奥にラインが入ってしまって引いている意味がなくなっちゃう!

なんていう悩みがある方、お友達の二重が羨ましい方もみんな参考にしてみてください!

ラインの色やタイプは?

eyeline2

1・アイラインの色

アイシャドウもいろんな色がありますよね。季節によって各化粧品メーカーから新色がでたりします。
春はパステルカラーが多く、秋や冬はブラウンやゴールド、ワインレッドのような少し暗めの色がでます。
アイシャドウの色はあなたの好きな色を選びましょう。

そしてそこに合わせるアイラインの色のチョイスは、2パターンあります。

  • どんなアイシャドウにも使えるブラック
  • アイシャドウに合わせた色

ブラックは、1本持っているだけでどんなメイクにも使えるのでおすすめです。
アイシャドウに合わせた色は、目元がよりはっきりして、思い通りのイメージを演出することができます
しっかり目のアイメイクという感じになりますので、夜用のメイクにもおすすめです。

2・一重さんにおすすめはペンシルアイライナー

アイライナーにも、いろいろな種類がありますよね。

  • ペンシルアイライナー
  • リキッドアイライナー
  • ジェルアイライナー

アイラインはしっかり描きたい派の人や、ぼかしたい派の人、それぞれいると思います。
ペンシルタイプはどちらかというとぼかしたり、太めにラインを引くことができ書き直しが比較的スムーズにできます。

リキッドタイプは、筆のようなタイプで書きなおしがほとんどできません。
瞬間的に乾くものも最近はでてきていますが、たっぷりとリキッドがでてきてしまうと乾くまで目を閉じていなければなりません。

一重さんにおすすめなのは、ペンシルアイライナーです。
太めに引くこともできるし、目尻や目頭にもきちんと引けます。そして濃淡が付けられるのもペンシルアイライナーの特徴です。

下まつ毛部分にアイラインを入れるときなんかは、リキッドだとくっきり目立ちます。アイメイクがはっきりしますが、一重さんには目が強調されすぎてしまうので要注意です。
その点、ペンシルタイプは綿棒や、コットンで薄くしたりできるのでおすすめです。

ラインの太さはどうしたらいいの?

eyeline3

一重さんのアイラインの悩みで一番多いのは、太さです。
細くさらりとラインをかいても、結局ラインそのものが目を開けた時に見えない・・・
これではラインを引いた意味がないですよね。

そこで!
目を大きく見せるために、ラインを目の一回り大きいところにかいていきます。
そうすることで、遠くからみたときに目の範囲が大きくみえ、パッチリした目の印象になるのです。
かといって目の上が真っ黒にならないように注意しましょう。

下まつ毛部分に引くアイラインは、何回も重ねないことが大切です。

下まつ毛のラインは軽めに、そして中心部分の黒目の範囲のところだけに入れるようにします。

全体に入れると一重のきつい感じがでてしまいます。
かわいい系メイク、やわらかい感じにするには、目全体に丸みを出さなければならないので、下まぶたには3ミリから4ミリくらいだけ引きます。

一重に映えるアイメイクってなに?

ペンシルアイライナー

腫れぼったいような感じに見えちゃわないようにしたい。
きつい感じがイヤ!

そんな一重さんの悩みを解決するアイメイクは、ずばり!!
ナチュラルメイクです。

シャドウの色やラインに引き方を変えてみたり、その日お洋服と合わせたり。
一重さんには、ほわっとした色がぴったり!
薄いピンクやオレンジ系がかわいいですよ♪

ナチュラルメイク初心者のあなたにオススメの組み合わせ
・アイホールにゴールド系
・目のキワにブラウンのアイシャドウ
・黒のアイライン
・目尻をブラウンで長めにひく

一重向けのアイラインの形はどんなの?

eyeline6

実は、アイラインにも引き方のパターンがあります。

  • まつ毛にそって、目のふちに沿って描く
  • 目尻に向かって下がって描く
  • 目尻に向かって上がるように描く

基本的にはこの3つがあります。
これから一つひとつ解説していきますね♪

1・まつ毛にそって目のふちにそって描く

目の輪郭を大きく見せるためにとっても有効な書き方です。
一重さんにもぴったりです。
山を書くようにそのまままつ毛の生え際に沿って描きます。

2・目尻に向かって下げて描く

これは若干垂れ目に見える方法です。
かわいらしい印象にしたいときにオススメです♪

目尻の線を少しだけ長く描くことで、目が大きく見えます。
あまり長く描くと細い目に見えちゃうので注意です!

3・目尻に向かって上がるように描く

これは、比較的シャープな感じに仕上がる描き方です。
凛とした感じのイメージになりたい方は、上がりラインで書くことをおすすめします。

アイライン と一言でいってもそれに合わせた顔全体のメイクや、アイシャドウの色、ラインそのものの引き方やタイプなどさまざまです。
アイメイクというのはライン一つで変わるといっても過言ではありません。
上記のように形でもかなり顔の印象、目の印象は変わってきます!

みんなが次に読んでいる記事

  • この記事を書いた人

ミホ

一重まぶたに悩んだ経験から、目元美容の情報サイトを作りました。 二重整形についての情報を中心に「本当にタメになる情報サイト」を目指して運営しています。

-もっとキレイな目元になるコラム

Copyright© ヒトエとフタエの事情*ぱっちり二重にする方法から目元ケアまで応援します* , 2018 All Rights Reserved.