涙袋

湘南美容クリニックの涙袋縮小〜施術法・予算・ダウンタイム〜

投稿日:2017年9月8日 更新日:

涙袋ってはやりだけど、大きすぎると逆に影ができて老けて見えたり、バランスが難しいですよね。
美容外科では、涙袋をつくるだけでなく縮小する手術もできます。

テレビやその他多くのメディアで有名な、湘南美容クリニックの涙袋縮小手術について分析していきたいと思います。

湘南容外科の涙袋縮小方法

ではこの全国的にも有名で超大手の湘南美容クリニックでの涙袋縮小方法はどのようにして行っていくのか、また費用や抜糸についてどのように行うのかなど徹底的にみていきましょう。

補足
「会員価格」とは湘南美容クリニックのポイントカード会員特典のことを指します。
入会費・年会費無料
会員になると3%OFFの特典と、施術代がポイント還元されて次回利用できる特典がつきます。

1.目の下の切らないたるみ取り


費用
98,000円 (会員価格:95.060円)

その名の通り、メスを入れることなく余分な脂肪を除去できる方法
まぶたの裏から脂肪を取り除きます。

顔に傷がのこらないのも人気のポイント。
約1週間は腫れが続きますが、翌日からメイクができます。

施術時間は約1時間で抜糸や術後の通院もないお手軽な方法です。

2.アイバックリムーブ法


費用
片目 115,830円 (会員価格 112,355円)
両目 176,980円 (会員価格 171,670円)

目の下の皮膚・筋肉・脂肪を調整することで、凹凸やたるみをなくす方法です。
切開するので傷は残りますが、下まつげに隠れるような位置で施術します。

ダウンタイムは1週間。
術後約1週間後に抜糸があります。アイメイクは抜糸後から可能です。

効果は半永久的。
お値段は張りますが、効果期間のことを考えると妥当といえます。

3.切開ハムラ法・裏ハムラ法


切開ハムラ法の費用
片目 196,800円 (会員価格 190,896円)
両目 328,000円 (会員価格 318,160円)

裏ハムラ法の費用
両目 328,000円 (会員価格 318,160円)

切開ハムラ法と裏ハムラ法の違い

切開ハムラ法 裏ハムラ法
オススメの年代 30歳代~60歳代 20歳代~50歳代
効果 脂肪の膨らみと目の下の凹・皮膚のたるみが同時に改善出来る 脂肪の膨らみと目の下の凹が同時に改善出来る
手術時間 90分~120分 40分前後
麻酔 局所麻酔・希望によって静脈麻酔も可能 局所麻酔・希望によって静脈麻酔も可能
ダウンタイムの目安 1ヶ月~ 5~10日

※横にスクロールしてご覧ください。

1.余分な皮膚の除去の有無

切開ハムラ法は、顔表面にメスをいれます。そのため皮膚の除去が必要に応じて可能です。
対して裏ハムラ法は下まぶたの裏を切開します。
そのため、皮膚の除去はできません。

皮膚のたるみが目立つ方、脂肪除去後に皮膚が余ってしまいそうな方は、切開ハムラ法のほうが向いています。

2.ダウンタイムの違い

切開ハムラ法は皮膚の除去があるため、1ヶ月と長めのダウンタイムが必要です。
アイメイクは、約1週間後の抜糸後1日あけてから許可されます。

裏ハムラ法は、5〜10日程度と切開ハムラ法と比べると短めです。

アイバックリムーブ法との違い

ハムラ法はアイバックリムーブ法に加えて脂肪の移動をします。
脂肪の除去だけでなく、逆に足りないところに移すことで、より美しい仕上がりに。

まずは無料カウンセリングで相談してみましょう

どのくらいの脂肪があるか、皮膚の除去が必要かどうかであなたに合う施術法がかわります。
一度自分の涙袋をみてもらい、どういう方法が合っているか医師に診察してもらいましょう。

みんなが次に読んでいる記事

  • この記事を書いた人

ミホ

一重まぶたに悩んだ経験から、目元美容の情報サイトを作りました。 二重整形についての情報を中心に「本当にタメになる情報サイト」を目指して運営しています。

-涙袋

Copyright© ヒトエとフタエの事情*ぱっちり二重にする方法から目元ケアまで応援します* , 2018 All Rights Reserved.